私と、ウルトラマン

ウルトラマン、という存在は、物心ついたころにはすでに知っていた。

あまりよく知らないながらも、ウルトラマンとは、ヒーローで、強いということは知っていた。どこで知ったのか、両腕をクロスさせて「シュワッチ!」と遊んだ記憶がある。

ウルトラマンとはじめて、対面で会ったのは、おそらく、プラネタリウムだ。

今はもうない、何かのビルの屋上に、そのプラネタリウムがあり、幼稚園や小学生の頃、毎年夏になると母に連れて行ってもらった。それが、毎年夏の楽しみでもあった。いろいろな子供向けのプログラムをみたと思うが、なぜか唯一覚えているのが、ウルトラマンの作品だ。

だいぶ経ってから、それは「ウルトラマンティガ 光の子供たちへ」という作品だったらしいと判明した。当時は「ウルトラマンだー」くらいの認識しかなく、ウルトラマンはたくさんいるということもわかっていなかった。

プラネタリウムでみたウルトラマンはティガであるとわかったのは、今から数年前だ。

それまでは、あのウルトラマンは誰だったのか、わからなかった。おぼろげながら覚えていた数少ない手がかりは、作品の最後に流れた曲と、女の子のセリフにあった、「瑠璃色の風」という言葉だけだった。(思えばこの「瑠璃色の風」という言葉がきっかけで、「ことば」というものに興味を持つようになったのだが、それはまた、別のお話)

数年前に、ふと思い立って調べて、やっと判明した。

幼いながらに、何を歌っているかよくわからないけど、心弾むような曲。

何を意味しているかわからないけど、綺麗な表現だと感じた、「瑠璃色の風」。

今ちゃんとみたら、ちゃんとわかるかもしれない。ほのかな期待をするけれど、映画館のように、次から次へと、新しい作品がプラネタリウムにも入ってくるようで、もう、この作品はやってなさそうだとわかったときは、少し寂しかった。

映画なら、そのうち金曜ロードショーで放映されたり、DVDが出てくるが、プラネタリウムとなると、そうはいかない。もう出会えない、ということだろうか。

プラネタリウムでみたウルトラマンを知るほぼ同じ時期、オーブやゼロ、ジードと出会った。きっかけは、妹がみていて、たまたま一緒にみたことだ。彼らもヒーローで、強い。そして、私たちと同じように、悩んだりするということも、ここではじめて知った。

今では、ウルトラマンはたくさんいて、今も新しいヒーローが誕生しているということは知っている。しかし、ジード以降は見ていないので、今はどんなウルトラマンが誕生しているのか知らない。でも、たしかに新たなヒーローは誕生し続けている。今も、これからも。そして彼らは、子どもたちをはじめ、多くの人々を勇気付けている。そう、確信している。

ゆるい朝読書、はじめてみた

読書が好きです。

しかし、仕事し始めてから、なかなか読めなくなりました。

一人暮らしをはじめてさらに読めなくなりました。

読みたい。読めない。どうしよう?

通勤中の車内では、酔いそうになる。夜は眠くてしょうがない。

じゃあ、休みの日は?休みの日もそれなりにしたいことがあって、本が読めない。

 

でも、生活に慣れ、仕事がある日でも、朝は少しゆっくり過ごせている。

そうか、朝読めばいいんだ!!

 

そんな経緯で、数日前から、「ゆるい朝読書」、はじめました。

朝の数分だけ、数ページだけ。

それだけで、なんだか朝から充実感があります。

朝から気分よく過ごせるので、しばらく続けてみようと思います。

本屋でかけてもらったカバーを外してみたら

少し前、ふと思い立って本棚をながめてみました。

漫画が少しと、好きな人の本、参考にしている本。

どれも大切なものだけれど、なぜかパッとしない気がする。

あの本を少し読みたいと探す。若干の間。

パラパラとめくる。この瞬間が、結構好き。

もう一度、本棚をながめる。

ぎっしりと入っているのに、なんとなく殺風景。

多くの本は、実家暮らしの時からあって、引っ越すときに持ち込んだものです。

実家暮らしのときは「自分の部屋」というものがなく、どんな本を買ったか知られたくないという、なんとも自意識過剰な思いで、本屋ではいつも本屋のカバーをかけてもらっていました。そしてそのまま本棚へ。

そのカバーを外さなくても、なんとなく厚さとかでどの本かわかるのですが、このカバーが、実は殺風景の原因ではないかと、試しに本屋でかけてもらったカバーを全て外してみました。

タイトルがあらわになって、ごちゃつくかと思ったら、そんなことはなく、むしろわかりやすくなりました。それから、なんとなく、すっきりした気がする。

そして、思いました。

「ああ、ここは何も気にしなくていいんだ。自分の好きなもの・興味のあるものでうめたって、見るのは自分だけじゃないか」

気になる本を、好きなように読める幸せを感じました。

気になることを、どんどん吸収していく決意もできました。

最近は、今まではあまりやってこなかったことにも挑戦中です。

今は、ストレッチを少しずつやっています。慣れてきたら筋トレもしてみたい。(小学校から運動嫌いだったのに、時間が経つと変わるんだなと、自分に驚いています)

 

ただ、仕事や家事、いろいろの用事で、なかなか本が読めないのが最近の悩みです。

来年の日記帳と、最近の試み

来年の日記帳として、EDiTを選びました。

 

今年は、ほぼ日手帳に日々の諸々を書いていました。

しかし、なんとなく、下にある格言みたいなものが時々、「邪魔だな」と思うことがありまして。

来年もほぼ日にしようかと思ったけれど、これというカバーも特にない。いや、今年のカバーをまた使えばいいか、とも思うけれど、何か違う。

そういえば、去年、ほぼ日手帳を選ぶ時、EDiTも気になっていた。

なんだか来年は未来に向けて奔走してみたい。そのためのフォーマットもあるみたい。じゃあ、来年はこれにしてみよう!と思いまして。

 

来年は何を書こうか、早くも考えています。今年は雑多に書いてたので、ちょっと読みづらい。なにかテーマを決めてみようか、なんて。

 

それからもう一つ、最近、バレットジャーナルなるものをやってみています。バレットジャーナルをしっかりやってるかというとそうでもなく、いわゆる「デイリー」の部分だけですが。だから、「TODOリスト以上バレットジャーナル未満」というところでしょうか。それでも、かなり日々やりたいこと・やるべきことがはっきりして、消化できてて、いい感じです。これが定着するか、飽きるか。わからないけど、しばらくやってみます。

今、青春がきている

なんだか最近、「今、青春がきている」と感じています。

 

おしゃれしたい。

やりたいことがある。

学びたい。

 

そういう、「自分の興味を大事にして行動したい」欲求に、最近駆られています。

具体的には、

・ファッションにやっと興味が出てきた。ワンピースとかブラウスとか楽しみたい。

・メイクやヘアケアに力を入れてみたい。

・小学生からずっと体育が大嫌いだったのに、なぜか今、すごく体を動かしたい。

・ヨガをやってみたい。

・ダンスしたい。

・資格関係の勉強がしたい。

・聖書をもっと味わいたい。(あまりブログで触れてなかったと思うのですが、実は私、クリスチャンです)

 

こんな感じです。

羅列すると、結構あるな。

 

中学生くらいからずっと、思えばやりたいことを人目を気にして気づかないようにしていた気がします。

気にしてしまうという自意識過剰な部分を、最近やっとやわらかくできてきた感じ。

一人暮らしになって、親の目も入らなくなって、なにかが解放されたような感じです。(親と仲はいいですよ!念のため)

 

人は、それぞれのペースがある。ある公式を一発で覚え使いこなせる人もいれば、時間をかけてやっとわかるようになる人もいる。ファッションの興味関心だって、小さいころから興味しんしんの人もいれば、私のように、社会人になってやっと興味が出てくる人もいる。もしかしたら、おばあちゃんになってから興味を持つ人もいるのかもしれない。

 

今私が、先ほど羅列した内容に興味を持ったのは、私にとってベストなタイミングなのかも。

せっかくだから、いろんなことを自由にチャレンジしてみようと思っています。

実際に、「体を動かしたい、ヨガやダンスがしたい」ということについては、最近、あるジムに見学に行ってみました。次は体験してみたい。ファッションについては、骨格診断やパーソナルカラー診断を受けてみました。

これから何がどうなっていくかわからないけれど、これからいろいろ、楽しんでみたいなと思います。

そういえば、一人暮らし、はじめました

題名の通りですが、一人暮らし、はじめました。

2月からです。

それから半年以上。

一人暮らしをはじめた部屋ではネットは繋がっておらず、意外とパソコンなくても平気なため、このブログもずいぶんほったらかしになっていました。

今は、定期的に実家に帰省しています。バス1本で通える距離なので、負担ではないです。(この記事は実家のパソコンで書いてます)

 

むしろ、一人暮らしをしてからの方が、自由になった気がする。

実家は、「自分の部屋」というものがなく、どうもいろいろやりづらい感じがありました。

けど、一人暮らしによって「自分の部屋」を手にしてから、なんだか「あれをこうしてみよう」「ここ行きたい」というような、自分の中のアクティブなところが出てくるようになりました。

まだわからないところもありますが、一人暮らし、思ってた以上に楽しいです。

 

よって、このブログ、今回みたいに全く書かなくて、不意打ちで顔を出すパターンになると思います。

このブログのテーマみたいなのも安定してない。

 

また気が向いたら書きますね。

今年の、上半期のテーマ

昨年末、おふみさんの「夢を叶えるノート術」という本を買いました。

 

夢をかなえるノート術

夢をかなえるノート術

 

 

その中で「100のリスト」について書かれてあり、実践してみました。

10個テーマを決め、10ずつ作る。

今回、100個リストが書けました。むしろ足りないかもと思うくらい。これはすごいなー。去年も100のリストやってみたけど、結局50個くらいで終わってたのに。

また半年後くらいにやってみようと思います。

今やりたいことが、時間が経つとそうでもなくなるかもしれない。

新しくやりたいことができるかもしれない。

なんだかわくわくしています。

  

早速つくった100のリストを全体的に見てみると、どうやら上半期のテーマは「挑戦」らしい。

今まで自信がなかったり、「他人の目」が気になってしまい、一歩踏み出せずにいた2017年。今年こそやっぱりやりたい、ということであふれていました。

 

この上半期、いろんなことに「挑戦」していきたい。

何か怖気付きそうになったら、「チャレンジ!」と唱えていきたい。

今の自分を脱皮していきたい。

今年くらいは、自分の欲求や思いを大事にしていきたい。

 

そんな決意を、したしだい。