クレジットカードの申請をしてみた

先日、ついに、クレジットカードの申請をしてきました。

sonnenblume19.hatenablog.com

 

まだ手元に届いていないので、正式ではないのですが、問題なければクレジットカードをはじめて持つことになります。

きっかけは、キャンペーンをやっていたから。

よくあるパターンのひとつかもしれない。

これからどう付き合っていこうか、考え中です。

でも、大人になったんだ、とわくわくしています。

はめを外して散財したり、ひどい目にあわないよう、気をつけて使っていきたいです。

好きなものにはたしてお金を使えているだろうか、という話

先日、このブログを読んで、頭をゴツンとされるような衝撃をうけた。 

nuage-blanc.hatenablog.com

 

私は、好きなものを選べているだろうか?と、ここ最近ずっと考えている。

 

つい、「こっちの方が安いから」と、2番手3番手のものを手にすることが多いような気がする。

 

好きなものを我慢すると、何が好きかを知ることができなくなる

【考】値段ではなく好きなものを - blancのひとりごと

 

その通りだと思った。

私は、本当は何が好きなのだろう。

自分自身を、もっと知りたい。 

「好きを我慢しない」が、今の私の課題だ。

好きな〇〇って、なんだ

趣味を聞かれることが、少し前にあった。

就職したばかりで、共通話題がない。そんな時の、「よくある質問」。

無難に「読書」とか答えた気がする。

 

けれど、最近考える。

私が心から好きなこと・ものってなんだろう?と。

改めて考えると、よくわからない。

 

よく考えてみると、「好きだが、頻度にムラがある」「好き、だけどなぜか言うのが恥ずかしい」こと・ものが私の中にあるようだ。

私は、「これが好きだあ!!」と声高に宣言するのが苦手だ。苦手で、避けてきたから、わからなくなっているのだろうか。

 

そういえば、今年のテーマは、「やりたいことをやる」だったような気がする。

環境面での課題から、できたりできなかったりしている。

 

自分をもっと知りたいな。そんなことをふわりと考えている。

目覚まし時計のこと

先日、目覚まし時計の電池が切れました。

電池のストックはありません。しばらく目覚まし時計は使い物にならない。

そこで、すぐに乾電池を買いに行ってもいいけど、あえて、しばらくスマホの時計機能やアラームを使ってすごしていました。

これで十分だったらそのままいく。不十分だったら電池を買う。

そう決めて、しばらくスマホで起きたり、時間を見たりしていました。

 

結果、どうだったか。

 

目覚まし時計は、必要だと感じました。

ふと、「今何時だろう」と思った時、スマホのスイッチをつけなければなりません。

それが、なんだか落ち着かない感じがしました。

また、朝一番に見るものが「スマホの画面」というのも、なんだか目に悪いなと思いました。

時間は、スマホがいちばん正確かもしれない。しかし、少なくとも私には「スマホを時計にする」ということは性に合わなかったようです。

今の心境をあえて書いてみる。

社会人になり、働き始め、いつの間にか5月の終わり。

ブログを「読む」ことはあっても、「書く」ことがなかなかできていません。

書こうと思えば時間は作れます。

 

書こうと思えることがないのです。

 

何かを発信したいと思っていながら、具体的に何を発信したいか明確ではないから、発信できない。私は、なぜ、ブログをはじめた?

 

振り返ってみる。

 

 

sonnenblume19.hatenablog.com

 

そうだそうだ、そうだった。

 

でも、やっぱり具体的じゃない。

 

もういいや。

幼稚園児の落書き帳のごとく、自由気ままに書いてしまえ。

 何を発信するかとか、そんな難しいこと考えず、とにかく思ったことを書いてしまえ。

思い立って、片づけ祭りを開催

就職し、仕事をし始めてから、なぜか机の周りや引き出しの中がぐちゃぐちゃになりました。

 

学生から社会人になったので、必要なモノも変わってきます。いらないモノも変わってきます。

教科書、学生時代のプリント、もう読まないであろう小説…気がつけばもう不要なモノでかこまれていました。

 

どうにかしたい。

 

そこで参考にしている片づけは、「こんまり」こと近藤麻理恵さんの、「ときめき片づけ」です。

「ときめく」とは、何か。まだ手探りで、さらさらっとしかやっていないので、修正が必要なところが出てきそうですが、服をたたみ、本を分類することまでは終えました。

大変だけど、おもしろいです。

書かれている通りに服をたたんだら、服の数がぐっとわかりやすくなって感動してます。

 

ちなみに参考にしているのはこの2冊。

 

イラストでときめく片づけの魔法
 

 

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

 

 

ちなみにこれも気になってる。

 

毎日がときめく片づけの魔法

毎日がときめく片づけの魔法

 

 

節目の時は、モノが増えるのだろうか?

大学を無事に卒業し、現在、のんびりだらだらと、残りの春休みをすごしています。

その間、いくらかの整理を行ったのに、また散らかりつつある。

卒業の時、大学からの記念品として、マグカップをもらいました。

これだけだったら、今悩んでいないかもしれません。

祖母からも、マグカップをもらったのです。

記念品のマグカップを、今後一人暮らしをしたときに使おうと思っていたら、です。

そんなにたくさんはいらない。マグカップは1つあれば十分だと思っています。でも、それぞれの気持ちは嬉しい。だからこそ、どうしたらいいか、迷っています。

 

また、祖母から、従姉妹のおさがりと思われる衣服が送られてきました。

もともと服には困っていたりするので、助かる反面、趣味ではないものも、大きさの合わないものもあるので、複雑な気持ち。

 

もう少しすると、お仕事が始まります。きっと、必要なものが見えてきて、いろいろなモノを調達する。きっと、本棚の内容、引き出しの中身が変わってくる。学生時代には必須だったものが、今後も必要とは限らない(と思う)。

 

いまだ「住所」を決めかねて、放浪気味のモノをどうしようか迷いつつ、今日も今日とて、のんびりふらりと、春休みを浪費する。