バスに乗った時、ふと空を見た。

水色に、白い雲がぷかぷかと浮いている。

雲は白く、もくもくしている。

とても立体的だ。

わたのような、わたあめのような。

今日は、というよりも最近は、「夏」ということもあってか、暑い。

太陽の光が眩しい。

光が無数の矢となって、肌を刺してくるようだ。

でも、空の美しさは、それらで崩れ去るものではないと思い知らされる。

普段は空の色や雲、それらが織りなすその日限りの模様には関心を示さないくせに、ふとした瞬間に空を見上げ、「幸せだな」「私は生きているな」と感じる。

なぜだか、この感覚をずっと持っていたいと思った。