読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれをしたいって、思った

先日、おしゃれをしたいと思いました。

唐突に。

今まで、思ったとしても一瞬だったのに、今回は継続しているのです。

私は、現在に至るまで、あまりおしゃれに興味がありませんでした。いや、正確にいうと、興味を持てなかったのです。

スカート、似合わない。

メイク、したってそんなにかわらない。

周りの女の子たちはかわいいけど、私は。

そんな感じのことを長年考えてきてしまったために、「おしゃれ」に対して、ある種の怖さを持っていました。

それなのに、なぜなのか。

いつもは何も考えずにポニテにしているけれど、いろんな髪型をやってみたい。

恥ずかしいけど、たまにはワンピースを着たい。

オードリー・ヘップバーンに憧れる。

右も左もわからないけれど、思い始めました。

少しは自分の殻を破りたい、自信を持ちたいという表れなのでしょうか。

 

「おしゃれに興味を持つ」

それは、女性なら、きっと当たり前にある感情なのかもしれません。

もし仮にそうだとしたら、ずいぶん遅くなってしまったけれど、私も女性なのだなと、困惑はありつつも少し嬉しい。

流行とか、よくわからないけれど、わからないなりに、ゆっくり身につけていこう。

そう思いました。