今までになんとなく書いてた詩をいっそここに出してしまおうって話

ブログをはじめてみるずっと前、詩を書いていた。小さなノートに、思ったことを書きためてきた。

今はもう、詩を書くことは減った。むしろ、書くとしてもここに書いて満足することが多くなった。

それに、あのノートはもはや黒歴史ってやつで、見られたら消えたくなりそう。

処分したいけど、今でも自画自賛だが好きだなと思える詩もあるから、捨てられない。でも捨てたい。

 

ここにお気に入りの詩をうつして、あとは処分という形にしようか。

 

そうしよう。

 

どれこもれも稚拙で、恥ずかしさで隠れたくなりそうですが、がんばります。