【いつかのノート】ふと考えたこと

泣くこと

うれしいとき、悲しいとき

痛いとき、こわいとき

泣くことがある

それはきっと

かかえきれない感情が

体いっぱいに

広がるからだ

 

違和感

何も忘れものしてない

忘れてた用事もない

なのに

何か足りない気がする

 

ぼくらのとなり

ぼくらは

光と闇に、隣り合わせ

生と死に、隣り合わせ

希望と絶望に、隣り合わせ

でも、両方があってこそ

ぼくらがいる