【いつかのノート】ふと考えたこと2

生死について

生まれるときもちがえば、

死ぬときもちがう

死んだとき、人は

どうなるのだろう

死ぬのはこわい

だからこそ我々は

今、生きているのかもしれない

 

何故

何故、人は、

お互いを憎み、嫌い、傷つけ合うくせに、

お互いを愛し、好きになり、支え合うのか、

わからない

けど

此れが事実なのだ

 

感情

うれしいのに、さびしかったり

こわいのに、おもしろいと感じたり

楽しいのに、悲しかったり

だめだとわかっていても、したくてたまらなかったり

安心なのに、不安だと思ったり

人間たちの感情は

時々

矛盾している