机上の改革・前編

机の整理整頓を、少しずつ進めています。

私の机は、いわゆる「学習机」。小学校入学のころからずっと使っているものです。

自分の部屋を持っていない私にとって、ほとんど唯一のパーソナルスペース。

しかし、この机に少し不満が出始めた。これは今回がはじめてで、どうしたものか、迷っています。

どんなことが不満なのか。

それは、机の上についている棚が邪魔だということ。

 

これが、私の机の様子です。よくある学習机だと思います。(撮影下手ですみません…)勉強中に勉強に関係ないものが視界に入ると、気が散ってしまうので、上にはなるべくものを置かないようにしています。だから棚の上にものがない。

f:id:sonnenblume19:20161211184813j:plain

 

棚があることで、ものを一時的に置きたくても、置きたい場所に自由に置けない。(本当は、例えばプリントや参考書だったら、棚の下の引き出しがあるスペースにあたるところにまとめて平積みにしたいのに、それができない)

引き出しの下に隙間があるので、ほこりがいつの間にかたまっていたりして、それがストレスになる。

いっそ外してみようか?

どうやって外せるのか?

そもそもそんなことしている場合か?

いろんなことが頭をかけめぐっています。

最近「これもういらない、捨てる」「これ使う?」と言っているので、なんとなく家族に実は不審がられているのではないか、とどきどきしているところもあります。

とりあえず、母に「棚を外してみたい」ということはすでに伝えました。

まずは棚を外すために、本棚とカラーボックスにはさまれた机を引っ張りださなければならない。結構大掛かりになりそう。

それでも外したい。外してみたいと、今は思っています。