【いつかのノート】自然のいろんなこと

空のグラデーション

山の影の上に

オレンジ色

オレンジ色の上に

青かむらさきのくすんだ色

このグラデーションが

今日の終わりを告げる

 

月は空に浮かんでいる

いろんな姿に変わる

表情を変え

帰路へつくわたしたちを

見つめている

 

雨は

神様のなみだだという人もいれば

天のめぐみだという人もいる

雨の日は

どこもかしこも静かで

雨の日に

好きで外出する人はいない

だけど、何であれ

雨の日の静寂も降ってくる音も

それは

音楽だ

 

皆既月食

赤く、赤く染まる月

りんごのように

血のように

漆黒の空に浮かぶ月

小さな星々に囲まれながら

地球の影に、飲まれて狂う