【いつかのノート】題名のないなにか

「明日」という存在を

憎みに憎んで呪っても

時止められぬ

過去には行けぬ

 

 

寂しいを通り越して

言葉にならなくなって

でも

一周まわって寂しいに落ち着いた

 

 

泣き虫な僕らは

筋金入りの強がりだ

 

 

 

------------

これで、「いつかのノート」は終わりです。