読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本との付き合い方を模索する

私は、「本は買って読みたい」タイプです。

たぶん、「持たない暮らし」「ミニマリスト」「シンプルライフ」を志す人としては、「図書館利用」がいちばんいいのだと思います。所有物を増やさずに済むので。もっといえば、お財布にもやさしい。

けれど、私にとって「図書館利用」は、少し抵抗があるのです。

図書館には「返却期限」が存在する。それが、どうも苦手。ゆっくりじっくり読みたいので、2週間では足りない。

また、読みたい本がすでに誰かに借りられていて待たなければならない状態が、苦手です。せっかちかもしれない。読みたいと思ったら、できるだけすぐに読みたいと思う。

 

それから、もうひとつ、思うところがあるから。

それは、「その本を買うために払ったお金が、書いてくださった方、筆者に本を出すきっかけをくださった出版社、置いてくださった本屋さん、その他関係者に届くのなら、微々たるものかもしれないけれど、届けたい」という思いです。

ただの思い過ごしかもしれないけれど、直接会えない分、そういう風に「読みます」「これを求めていた」「あなたの考えが好き・興味がある」などを伝えたいと考えるからです。

 

 なので、基本的には「買って読む」。

買うまではいかないけど、1回読んでみたいと思ったら図書館かな、と計画中です。

 

それでも、「買って読みたい」本の方が、多いのですが。