手放したいと手に入れたいの間で揺れ動く

最近、いろいろなプリントを整理し、「もう見ない」と判断したものは処分しています。

少しずつではあるけれど、ものを少なくしていきたい。

しかし、やみくもに少なくするのではなく、自分が動きやすい量や状態を模索していきたいです。

例えば、財布は実際1個で十分だけれど、大小1個ずつあると気分で使い分けたり、カバンの大きさで調整できて面白いのではないかと、先日思いつきました。「ミニマリスト」に憧れててそれってどうなんだというツッコミが飛んできそうだけれど、自分なりの「心地いい」を見つけていきたいです。

しかし、買うものもこの時期は多いのも事実。卒業パーティーに向けてドレスを買ったり、新年度の手帳をいいかげん買おうかと思ったり。また、そろそろ化粧道具を入れているポーチを交換したいと感じたり。ちょっと近くに買い物するときのバッグを新調したいような気もしたり。仕事用の服も欲しいような。

新しいものを買ったら古いものは手放す気ではいるけれど、なぜか、ものを買うにはかなりのエネルギーが必要になってきます。

「別にまだ使えるじゃないか」

「今すぐ買う必要ない。ゆっくりそろえたらいい」

「でも、さっきあの店でみたバッグ、いつまであるか」

などなど、脳内会議がとまらない。

 

思えば、「これぞ私のお気に入り」と呼べるものはいくつあるか。「これは絶対必需品」と言えるものを持てているのか。「一応持ってる」というのはないか。

 

片付けたいのに、欲しいものがたくさんある。欲しいものがあること自体は、別に悪いことではないと思います。しかし、それをいつ手に入れるのがベストなのか。そもそも必要なのか。それが悩みどころだなと感じています。

お財布との相談もある。性格上それは使いこなせるのかという懸念もある。似合う・似合わないのこと、収納スペースとの兼ね合いなど。何か買うときは、良くも悪くも、そういうことをぐるぐると考えあぐねています。

 

いろんなことと、うまくバランスをとっていきたい。メリハリをつけたい。そう感じるのでした。