読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの誘惑

4月から、新社会人として働きます。

新しい靴を調達したり、ちょっと背伸びして、自己啓発みたいな本を買って読んでみたりしています。あと、いくつかの服も買いたい。

そんな中、ふと浮かんだことが、「クレジットカード」の存在です。

私は、人生で一度もクレジットカードを使ったことがありません。

むしろ怖いものだと思っていました。

しかし、よく考えてみると、使い方さえ間違わなければ、メリットが大きい。

例えば、何かをクレジットカードで買うと、その分だけいくらかのポイントがつく。たまったポイントを使って、何かの景品と交換することも可能らしい。

例えば、高い服を買う場合、大金を財布に入れて持ち歩く必要がない。財布は軽く、盗難に警戒して変にドキドキしなくてすむ。(カードを盗まれたりしたら大変そうだが)

魅力的だなと思う反面、「これから働く、もしくは働き始めたばかり」という立場の人間が、クレジットカードが欲しいと言って、手に入れることができるのか、少し不安です。

また、クレジットカードを手にしたことで、散財してしまわないか、うまくコントロールできるのか、よく考えてみる必要がありそう。

まだ少し、考えてみようと思います。