節目の時は、モノが増えるのだろうか?

大学を無事に卒業し、現在、のんびりだらだらと、残りの春休みをすごしています。

その間、いくらかの整理を行ったのに、また散らかりつつある。

卒業の時、大学からの記念品として、マグカップをもらいました。

これだけだったら、今悩んでいないかもしれません。

祖母からも、マグカップをもらったのです。

記念品のマグカップを、今後一人暮らしをしたときに使おうと思っていたら、です。

そんなにたくさんはいらない。マグカップは1つあれば十分だと思っています。でも、それぞれの気持ちは嬉しい。だからこそ、どうしたらいいか、迷っています。

 

また、祖母から、従姉妹のおさがりと思われる衣服が送られてきました。

もともと服には困っていたりするので、助かる反面、趣味ではないものも、大きさの合わないものもあるので、複雑な気持ち。

 

もう少しすると、お仕事が始まります。きっと、必要なものが見えてきて、いろいろなモノを調達する。きっと、本棚の内容、引き出しの中身が変わってくる。学生時代には必須だったものが、今後も必要とは限らない(と思う)。

 

いまだ「住所」を決めかねて、放浪気味のモノをどうしようか迷いつつ、今日も今日とて、のんびりふらりと、春休みを浪費する。