絵をみること、かくこと

先日、ある方の個展に行ってきた。

 

海の気配のする場所。はじめて行く場所。スマホ片手に、この道で合ってるだろうか?と少々不安になりながら、うねうねした道を進む。

ふと見ると、目指していた個展の案内版があった。

わくわくと、どきどきで、なんだかふわふわするような感じを覚えて階段を上り、その個展にたどりついた。

その個展には、猫を中心とした、パステルの作品が展示されていた。

まるで写真かと思うようなもの、ゆるっとしたもの。いろいろな表情の動物たちが、そこにはいた。

遠目で見てみたり、近づいてみたり。細かく描いているようで、実は大胆に描かれていたり。そしてやはり細かく描いてると思ったり。

作品を見ているうちに、他のお客さんが去っていき、作家さんと2人きりになるタイミングがあった。

「猫や絵が好き」という共通点をもとに、少しの会話。そして、台風の心配のこと。

思えば、「作家さん」という存在とお話しするのは、はじめてだった。

個展に行く、ということも、はじめてだったと思う。

サインをいただく、ということも、はじめてだった。

人生初、が連発していた。

帰りの電車で、「やっぱり帳簿に名前と住所書いたらよかったかな?サイン、せっかくなら8月のページ(個展でカレンダーを買った。8月は誕生月)にもいただけばよかったかな?」と若干の後悔を覚えつつ帰路へついた。しかし、それ以上に、「行ってよかたな」という気持ちがあった。

絵をみることも、かくことも好きだ。それを再認識した。

絵をみることは、最近よくするようになった。いろんな展覧会が気になる。

絵をかくこと、復活したいと思った。今たまにやってる落書きだけでなくて、何か本格的な作品を1つ、描いてみたいと思った。

絵を描く、ということは、結構根気や時間がいる。いつからか、「こんな絵、見せられない」という感覚が芽生えてきていた。高校のときはイラスト部で、よく絵を見せ合ったり、大学時代に、友達に頼まれてアニメキャラクターの絵を少し描いたのが最後か。

少し、リハビリが必要かもしれない。「描きたいから描く」をできるように。